レーシックイメージ

レーシックはトラブルを避けるためにも信頼の出来る医師に相談することが大切

視力の回復を出来る手術として現在注目を集めているレーシックを受けようかどうかを考えておりました。
そもそもレーシック手術に関してご存知ない方のために、まずはレーシックについて簡単に説明します。
レーシックは、レーザーを利用して眼の角膜と呼ばれる部分の表面にフラップと呼ばれる蓋を作ってそれを開き、さらに、レーザーを利用して角膜の実質層と呼ばれる部分を薄く削ることで屈折力を矯正することによって視力を回復する事が出来る手術です。
視力回復のためというと、眼鏡では眼鏡を掛ける必要がありますし、視野も狭くなってしまう問題があります。
見た目の問題で、眼鏡をするのを嫌う人もいます。
また、コンタクトレンズは眼に異物を挿入する事のリスクがあり、きちんと管理を行わないと炎症を起こすなどといったトラブルが発生します。
その点、この方法ならば手術を行えば、それ以降は裸眼で生活をしても不便もなく生活をすることが出来ます。
ここまでは宣伝でも良く見かける事なのですが、その一方でトラブルについても問題となっております。
この手術はプロのスポーツ選手なども行っている事で話題を呼びましたが、まだ普及し初めてからそれほど経っていないために手術を受けたは良いが、後遺症に悩まされている人が多数いるのです。
フラップがズレて乱視になったりドライアイに悩まされる人など、調べればいくつも例が出てきます。
もっと詳しく知りたい方はレーシックの後遺症についての記事も合わせてご覧ください。
その事もあって、私も手術を受けようかどうか悩んでいましたが、色々と情報を集めてみるとそうした症状に悩まされる多くの場合は、技術が未熟な医師の手によって行われたためであったり、設備や環境がきちんと整備されていないなど、トラブルになる原因があるようでした。
そのため、評判の良い医師を探して、その医師に手術を行ってもらうことが大切です。
これは医療行為全般に当たることですが、登場してからまだそれほど年月が経っていないこの手術では特に重要です。
そうして私も色々と探し、医師の話も聞いてから手術を受けるかどうかを判断することにしました。
例えば、メリットばかりを述べてデメリットを述べない医師は儲けることばかりを考えている可能性が高いので気をつける、などいくつか注意しながら説明を聞き、信頼できると判断したところで手術を行いました。
手術の方はすぐに済みましたし、軽いドライアイがありましたが術後しばらく経過するとそれも収まり、特に今のところはトラブルもなく快適に過ごすことが出来ております。
また、金銭的に厳しい方には必見。レーシックのローン払いについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2014 眼は大切.com All Rights Reserved.